武石ともしび博物館にて、開館30周年記念イベントが開催されています!

平成元年に開館した武石ともしび博物館は、今年で30周年を迎え、開館30周年記念事業として「鬼平犯科帳にみる江戸の灯火器展」を開催中しています!

ぜひ皆さまもこの機会に、武石ともしび博物館へ足をお運びください。

◆武石ともしび博物館 ~鬼平犯科帳にみる江戸の灯火器展~

○内容     「鬼平犯科帳」に描かれた灯火器を展示して小説の世界をともし火という視点から

        再現するとともに、浮世絵などの関連資料とあわせて江戸中期から後期の灯火器の

        種類や用法を説明し、人々の生活のなかに息づいていた「ともし火」について

        明らかにしたいと考えています。

○開催期間   平成30年8月1日(水)から平成30年12月24日(月)まで

○入館時間   9時から16時まで(月曜日、祝日の翌日は休館)

○入館料    一般400円、小中学生200円

○場所     上田市武石ともしび博物館(上田市下武石1902番地4、℡0268-85-2474)

◆ワークショップ

①火盗改と江戸の灯火器

②描かれた食物の調理と試食

③親子でチャンバラ

※詳細は武石ともしび博物館(℡0268-85-2474)へお問い合わせください。

最新記事

すべて表示

日頃から皆さまに御愛顧いただいている「武石温泉うつくしの湯」の入館者が8月30日(火)に300万人に達する見込みです。 つきましては、日頃の感謝の気持ちを込めて、入館者300万人達成記念式典を執り行います。 ■武石温泉うつくしの湯 入館者300万人達成記念式典 ・日時 令和4年8月30日(火)入館者300万人来館時刻から ・場所 武石温泉うつくしの湯(大広間) ・主催 上田市 ・共催 一般財団法人