市指定有形文化財 石造物

鳥屋の双体道祖神

〒386-0501 長野県上田市武石鳥屋542

男の神様と女の神様が手をつないでいる双体道祖神は、高さ49cmで、川堰に沿った古い道の集落入口に建てられ、元禄八天の年号が刻まれている。

元禄時代の銘がある道祖神はこの地方は勿論、長野県下でもきわめて少なく、貴重な道祖神である。

TOP>歴史