信廣寺のシダレザクラが見頃を迎えます ✿

信廣寺入口のシダレザクラは、明治の初期の住職が植えたと言われ、武石地域では一番大きなシダレザクラです。 樹齢約120年、幹のまわりは約3メートル、樹の高さ約15メートルの大木で、満開時は、まるで桜色のシャワーが降りそそいでいるかのようなその姿は壮観です。 明日、4月12日には見頃を迎える予想ですので、ぜひお出かけください。

 
■武石の花だより(4月11日時点)

・信廣寺のシダレザクラ…7分咲き(見頃は12日頃からの予想)

・武石公園のヒカゲツツジ…5分咲き(見頃は13日頃からの予想)

・子檀嶺神社のソメイヨシノ…開花(見頃は4月18日頃からの予想)

・余里一里花桃の里の花桃(入口付近) つぼみ(見頃は4月下旬からの予想)

・余里一里花桃の里の花桃(売店付近) つぼみ(見頃は5月上旬からの予想)


・問:武石観光協会(武石産業建設課内) TEL0268-85-2828

 

■信廣寺のシダレザクラ

4月7日の開花から、暖かい日が続いたことから、あっという間に花が開きはじめています。


 

■武石公園のヒカゲツツジ

黄緑色の花を咲かすヒカゲツツジも、開花が進んでいます。


 

■子檀嶺神社のソメイヨシノ

全体的にはまだつぼみですが、つぼみが色づき、開花している花も見られました。